思いつきで書きはじめた週末の日記。Future with hope!


by KC
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

DAY17 氷ノ山バックカントリー

a0181194_12154947.png




2月16日(日)
20-13-2014 DAY17

氷ノ山バックカントリー

復活!

山に行くまでのいきさつはスッカリ忘れが・・・

今までの煮え切らない思いを振り払うかのように一路山へ⇒⇒⇒!

前日の雨は山では恵の雪でした(^^)


登山届けを提出して出発!

a0181194_11514124.jpg

メンツはAKIO君、YOUKOボン、TAKAsHI君!


この山のこの雰囲気も好きなんだな~!

a0181194_12165547.jpg
a0181194_12172439.png
TAKASHI

樹林帯を抜けて、少し歩くとモンスターが現れた!

a0181194_12243332.png

⇒ たたかう 
にげる
 ぼうぎょ
どうぐ

たたかうの!?

a0181194_12290398.jpg

全員が遊人のこのパーティーがかなうわけもなく、にげだした(笑)


僕自身初めて見るモンスター!

一度気温が上がり小さくなっていたが見れてテンション上がったな~。

自然の造形美。



そんなモンスターを横目に一行は奥へと進みます。
a0181194_13515461.jpg
ドロップポイント手前には美味しそうな斜面が広がっていましたが、今回は我慢。

a0181194_13531189.jpg
去年食べた時はそりゃ~美味しかったですよ。



GPSを確認しながら今回の目的地まで行きここからDROPします。

a0181194_13553425.png
まぁ~お天気お兄さんに間違いはなく、滑り出すと・・・


a0181194_13581377.png
俺、笑顔(笑)



YOUKOボン
a0181194_14001692.jpg
TAKASHI君
a0181194_14012712.jpg
AKIO君
a0181194_14022154.jpg
ええ、そりゃ~下まで楽しみましたよ!

この時は沢割れもなくノンストップで降りれましたね。



あっ、久しぶりに書いたから忘れてました。

落女(オチジョ)ことYOUKOボン



落ちました。


さすが!我々の期待に答えてくれる!!


a0181194_14104863.png
高さ3mはある堰堤の隙間にスッポリはまり抜けなくなってましたね。


2人は笑っていたので、TAKASHI君が救助に入りました(笑)

流石っす!


まぁ~言い訳をするなら二次被害を抑えるためにロープを探していたのと、

そこまで行って大丈夫かの確認をしていたわけで・・・


掘り起こして無事救出!

a0181194_14163214.png
とま~笑えるのはここまでで、我々が救助している横をソロのボーダーが通り過ぎて行きました。

その先には・・・


もう一つの堰堤。

高さは5mほどあり、ここに落ちたら岩っすね。
a0181194_14204972.png
そこをそのボーダーはノーチェックで行ってましたw


アブナイヽ(`~´)ノ アブナイ!!

下部は沢芯を滑らないようにしましょう。


そして無事下山!

a0181194_14251232.png
この日は1本だけでしたが、最高の1本になった!


いままでのフラストレーションを晴らしてくれるかのように空も青く雪も良かったな。



最後に航空写真の撮影に成功しました。

この谷のどこかです。
a0181194_14272662.jpg
ここです。

a0181194_14275979.jpg
いや~スノーボードってホントに良いもんですね。


あとメンツって大事ですね。

安心して滑れるかどうか。



to be continued...

[PR]
by naturalism-kc | 2014-04-20 14:30 | SnowBoard 2013-2014