思いつきで書きはじめた週末の日記。Future with hope!


by KC
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

16-17 DAY23 氷ノ山バックカントリー

a0181194_02104025.jpg




16-17 DAY23
4月2日((日)
氷ノ山バックカントリー



4月、、、

思いもしなかった降雪。


大山か氷ノ山で迷った。


結果、氷ノ山へ


a0181194_03021272.jpg
AKO,YOK,SIN、KTD、Y39

KTDとは今年初セッション。




今回はリフトを使わない


森の中へ

a0181194_03140852.jpg

重たいが、雪はある。

標高を上げれば生きていると期待する。
a0181194_03334934.jpg


ここのトラバースは怖かったみたいね。

トップは締まった雪でスノーシュウが噛んでくれたので問題なかった。
a0181194_03361879.jpg



サイドからの雪崩は想定内
a0181194_03394494.jpg



谷の合流部に到着。


ん!?

なにかおかしい。。。



沢芯がデブリで埋まっている(@_@;)
a0181194_00365775.jpg

期待していた斜面はテカテカ(*_*)
a0181194_00590724.jpg

降雪のわりに雪は付いていた。

吹き溜まりになっていたのだろうが、破断面がヤバイ
a0181194_01001335.jpg
けっこうな規模だった。


自然発生か人為的なものかわからない


一応ビーコンをサーチモードにしてみた。


すると、、、


50m先に反応あり(@_@;)


イヤイヤ怖すぎるでしょ(TT)


6台のうち、電波を拾うビーコンと拾わないビーコンがあったが、、、
a0181194_01061523.jpg

結果、、、何もありませんでした。

稜線を歩く人の電波を拾ったのだろうと言う結果になりました。



次の問題は雪崩でカリカリになった急斜面の直登
a0181194_01102701.jpg

歯が噛まなければ滑落するな。

そう思わせる斜度。


a0181194_01192482.jpg

ここは正直厳しいが、、、

様子を見ようと3人で途中まで登ったが、そこではもう引き返せない


なので上まで登ることにした。

他の3人は安全をみてそこで待機


稜線に出るとユルイ斜面にいい感じに雪がついている。
a0181194_01275537.jpg

気持ち的には本当に申し訳なかったが、、、


滑らせてもらった。

YouTube



VIMEO
a0181194_01475296.png


ここは楽しかったな~~~
a0181194_01470842.png

地形で色々遊べる!
a0181194_01561880.jpg


上裸のアイツも現れた!



滑りはグズグズで本人は悔しがっていたな(笑)
a0181194_01484122.png
数本登り返し撤収。


皆で遊びたかったな~~~。



下山後はパークで遊んだ。
a0181194_01503989.jpg
シーズン中に会えなかった人や、

普段バックカントリーでしか合わない人とパークセッション!


楽しすぎる!

今シーズン初のキッカーは気持ちよく何本もリフトを回した。


ここのゲレンデはいい感じに当て込めるバンクを作ってたから

それも楽しかったな~。



山での予想外の出来事やからのFUNライド。

からのゲレンデセッション!


本当に良い日曜日になった。








by naturalism-kc | 2017-04-02 03:59 | SnowBoard 2016-2017 | Comments(0)